s
sally

Sep 23

Japanese

1 min read

日本語の文法16

A.なり
1.私は自分なりのやり方で、料理を作っています。
2.親は心配するかもしれませんが、子供は子供なりに心配する。
3.やたしいくはないから、N2をつけるなら、うけるなりに、準備しなければ、無理でしょう。
4.お金がないといいながら、姉は買い物ばかりしている。お金がないなら、ないなりに、生活しなければならないべきだ。
5.外見がいいほうがいいと思うかもしれませんが、いくら外見が良くても、それなりよくないことがあると思います。
B.に違いない
1.服装をみて、しんさんは社会人にないと思った。
2.山田さんのことだから、夏休みにはきっと日本語を勉強するに違いない。
3.最初はつめたいに違いないとおもっていたが、実は優しい人だった。
4.はっきり言わなかったが、山田さんが仕事をやめるのはストレスがたくさんあるからに違いないです。
5.山本さんは結婚すれば、転職するに違いない

Corrections (1)

Format

    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
    Reply
Overall feedback & comment

Two or more people need to make corrections in order for the corrections to be grouped.

You need LangCorrect Premium to access this feature. Upgrade

About the author

s
sally

Languages

  • Vietnamese
  • Japanese
Follow